おなかにてあて

からだの声を聞き からだと向かい合い おなかにそっと てあてする そんなBLOGです

栄養学・予防医学

暮らしの中でできるこ

中鎖脂肪酸が発育を促す

母乳は新生児に水分と栄養を与える大切なものです。その約87%は水分で、血液を作る液体成分、血漿と同じぐらいです。夏の暑い最中に生まれた凪も、栄養だけでなく水分が不足しないように授乳には気をつけています。 分娩後5日目頃までの初乳はたんぱく質を多…

ふたり分

おなかの中に命を宿るとはいかに偉大で大変なことか。何しろ全てふたり分なのですから。その大変さは、男の私には一生分からないと思います。しかし、分からないからこそ分かろうとしなくてはいけません。 後から考えると、私たち夫婦が自然に子どもを授かる…

小さな変化

健康になるためには治療を受けるだけではなく、自分の暮らしの中に健康を損なう習慣があれば、それを取り除き、健康を目指す上で欠けている習慣があれば、それを新たに始めることが大切です。それは、小さな変化で十分です。小さな変化を起こし、喜びに感じ…

健康は自分で手に入れる

私は毎日毎日皆さんの体に、内臓調整療法という「てあて 」をしています。皆さんのホメオスタシスがしっかりと保たれるようにお手伝いをするのです。あくまでもお手伝いであって、健康を手に入れるのは皆さん自身です。ただ治療を受ければ健康になれるという…

光と空気

現代生活には健康に欠かせない大切な要素が失われています。光と空気です。都会生活では特に、照明と空調で管理された室内で過ごす時間が長くなってしまいます。かと言って私が住んでいる山間の村は、昔のようにお日様が登っている間は畑を耕し、日が沈めば…

目の疲れ、おなかの疲れ

何となく目が霞んでものが見えづらい。一点をじっと見続けることができない。目の奥が痛い。まぶたがピクピクと震える。主訴ではありませんが、肩こりや腰痛に加え目の違和感を訴える人はたくさんいます。 脳神経がコントロールしている目の機能は、同じく脳…

深い眠りを妨げるもの

体を休めるための睡眠。眠りたいのに眠れない。これほどつらいものはありません。人は活動と休息を繰り返して生きています。夜間眠っているときには副交感神経が優位になり、日中の活動で疲れた体を休ませて、吸収した栄養によって細胞を若返らせます。そし…

眠りについて考える

お早うございます。ぐっすりと眠り、しっかりと休めましたか?今日は休息の代表格、睡眠について考えてみましょう。睡眠も食事や運動と同じように、それが必要な理由があり、気持ちよく眠れていない人は、睡眠のメカニズムから外れた習慣を続けている可能性…

十年一昔

内臓調整療法では、皮膚、筋肉、骨格、そして内臓に直接アプローチすることにより自律神経や循環のバランスを整えます。そして、栄養のバランスが悪くエネルギーがうまく回っていない方には、調整だけではなく、食事や休息、その人に合った運動など、暮らし…

健康寿命と予防医学

今では私たちの寿命は延び続け、人生90年に手が届こうとしています。しかし一方で、自立した生活を送れる期間「健康寿命」は、平均寿命より男性は約9年、女性は約12年も短いことが分かりました。これは支援や介護を必要とする期間が、平均で9〜12年もあると…

汗をかき、肝臓や腸をアシストする

体内からのデトックス(解毒)機能を高めるには先ず、体内に毒を取り込まないように安全な食事を心がけること、解毒に必要な酵素をしっかりと摂ることが大切です。そしてもう一つ大切なのは、肝臓や腸など、体がもともと持っているナチュラルデトックスシス…

ダイエットやファスティングと肝機能

巷では様々なダイエットが流行し、健康のためにファスティング(断食)をする人も増えてきました。しかし、いろいろな方法を試してみてもうまくいかなかったり、ダイエットやファスティングにチャレンジしたためにかえって体調を崩してしまった人もいます。…

メンテナンスをして安全運転を

人の細胞の中にはミトコンドリアという小さなエネルギー工場があります。この細胞小器官は体のほとんどの細胞の中に平均で300から400個存在し、肝臓、腎臓、筋肉、脳など、代謝の活発な細胞には特に多く存在します。そして、その総量は全身で体重の10%も占め…

血糖値のジェットコースター

健康に暮らすために真っ先にお勧めしたいことの一つが糖質を減らすことです。「でも、糖質はエネルギーになるから必要だって聞いたし、甘いものは良い気分転換になるんですよ。」という人もいらっしゃると思います。そしてこのような人は、甘いものを摂らな…

エネルギー回路をまわす

十分に睡眠時間をとっているのに、目が覚めてもなんとなく体が重くすぐに動き出せない。そんな人は細胞の中のエネルギー回路がうまく回っていないのかもしれません。人は活動するのに必要な栄養素を摂り、体内の科学反応によってエネルギーを作り出します。…

小さな小さな細胞を感じる

我々内臓調整療法師は体の表面から、皮膚や筋肉や骨格、そして内臓に触れることにより、体全体に起きている自律神経や循環の乱れを読み取り調整をします。医療機関で行われている画像検査や開腹手術のように直接目で観ている訳ではありません。あくまで体の…

今から始める

「一体どのくらい早く病気は始まっていると思いますか?」「半年前でしょうか、それとも2〜3年前でしょうか?」驚くべきデータがあります。 心臓血管病は診断される20〜40年前から がんは診断される15〜20年前から アルツハイマーは診断される30〜50年前から…

亜鉛

カルシウムやナトリウムなど、ホメオスタシスの維持には絶対に必要なミネラルがあります。一方で水銀や鉛など、体内に蓄積すると悪影響を及ぼす有害ミネラルもあります。しかし有害ミネラルが体内に入るのを完全に防ぐことはできません。例えば水銀は海底に…

細胞レベルの酸化・糖化・炎症を抑える

前回、オーソモレキュラー療法についてお話ししました。オーソモレキュラー療法とは、栄養を補うことを通して健康を手に入れる治療で、命を支えるためのしくみホメオスタシス(恒常性)を維持するためには先ずは不足している栄養素を補いましょうというもの…

オーソモレキュラー療法

私の暮らす群馬県高山村のような地方では、都市部のように治療の選択肢が多くあるとは言えません。そんな中でも様々な分野で、皆さんの健康のために役立つよう真剣に取り組んでいる方が沢山います。勝美内臓調整療法院もそんな方々と垣根を超えて協力し合い…

スパイス!スパイス!

今日はスパイスのお話。 私はたまに料理をします。メニューはお決まり、スパイスカレー。チリペッパーはもちろん、コリアンダー、クミン、カルダモン、シナモン、そしてターメリックなどなど、香辛料を色々調合して作ります。特によく作る具材は手羽元のチキ…

たまには食べない

おはようございます。おいしく朝食を食べ終えましたか?実は私は週に一度だけ、日曜日は朝食を食べません。土曜日仕事を終え夕食を食べてから、週末ファスティングをしているのです。 この週末ファスティングを始めたきっかけは、年々筋肉の疲労が増してきて…

十里四方の食べ物

勝美内臓調整療法院に来てくれるある年配の女性にこんな話を聞かせてもらいました。「昔は、十里四方のものを食べていたら間違いないと言ったんだよ。」詳しく聞くと大体半径五里(約20㎞)で取れる食べ物を食べて生活していたら健康でいられるということら…