おなかにてあて

からだの声を聞き からだと向かい合い おなかにそっと てあてする そんなBLOGです

エネルギー回路をまわす

f:id:naizotyosei:20190519185223j:plain

十分に睡眠時間をとっているのに、目が覚めてもなんとなく体が重くすぐに動き出せない。
そんな人は細胞の中のエネルギー回路がうまく回っていないのかもしれません。
人は活動するのに必要な栄養素を摂り、体内の科学反応によってエネルギーを作り出します。
細胞の中のエネルギー回路をいかにうまく回すかが、毎日元気に活動できるポイントとなるのです。

体の中にはエネルギーを作り出す二つのエンジンがあります。
一つは糖をエネルギーの材料とする糖質エンジン。
もう一つは油を材料とする脂質エンジンです。
エネルギーの材料としてバランスよく食事を摂らなくてはなりませんが、
現代生活ではどうしても糖質を摂り過ぎてしまいます
糖は油に比べ早くエネルギーとして使いやすいというメリットがありますが、その分エネルギー切れも早く体への負担が大きいというデメリットもあります。
油にもデメリットがないわけではありませんが、質の良い油を選んで摂れば体への負担は少ないのです。
それに体の全ての細胞を包む膜は油でできています。大切な脳にいたってはその70%が油でできています。
しかし、あまりにも糖質を摂り過ぎていると脂質をうまく分解できず、細胞の材料にできません。
ですから、エネルギーを糖質ばかりに頼り過ぎず、質の良い油を効率よく摂り、脂肪をエネルギーとして燃やせる体質にしていくことはとても大切なのです。

ただし、今現在エネルギーを糖質に頼り過ぎている人が急に極端な糖質制限をすると、かえって極度のエネルギー不足になってしまいますので気をつけてください。
特にダイエットだけを目的に糖質制限するのは危険です。
目を向けなくてはいけないのは、エネルギー回路が体への負担が少なくしっかりと回っているかどうかです。

naizotyosei.info