おなかにてあて

勝美内臓調整療法院のBLOG。お悩みの症状と自律神経のお話です。

十里四方の食べ物

勝美内臓調整療法院に来てくれるある年配の女性にこんな話を聞かせてもらいました。「昔は、十里四方のものを食べていたら間違いないと言ったんだよ。」詳しく聞くと大体半径五里(約20㎞)で取れる食べ物を食べて生活していたら健康でいられるということら…

健康は自分で手に入れる

勝美内臓調整療法院では毎日毎日皆さんの体に内臓調整療法というてあてを施しています。刺激を入れることにより何らかの反射を起こし、皆さんの自然治癒力が正常に働くようにお手伝いをするのです。あくまでもお手伝いであって本当に健康を手に入れるのは皆…

勇気を持って休んでください

ある日最後の調整をしている時に、夏休み中の高校生の女の子から電話がかかってきました。中学生の時から何かあると自分で電話してくる女の子です。今朝股関節に痛みがあって、無理して部活動をしたら太ももの方まで痛くなってしまい、前にも無理をしたら同…

炎症と免疫機能 そして自律神経

最近、関節リウマチに代表される炎症性疾患による症状にお悩みの方から相談を受けることが増えました。ではそもそも炎症とは何でしょうか?炎症とは異物や死んでしまった自分の細胞を排除する反応で、炎症が治癒する段階で新しい細胞を作ろうとします。つま…

背骨はS字カーブでバランスをとる

背骨は横から見ると適度なS字カーブを描いています。これを脊椎の生理的弯曲(S字カーブ)と言い直立して生活している人間にとって、この生理的カーブは大切な役割を担っています。重力を分散するサスペンションの役割をし、重たい頭を支えるための筋肉の負…

ぜん息はおなかの緊張を和らげることが大切です

気道は、外気と肺をつなぐ空気の通り道です。そのうち肺に入ってからの細気管支になると筋肉に包まれこの筋肉には自律神経が分布していて気道の太さを調節しています。気道は自律神経のうち副交感神経が活性化されると収縮する作用があります。副交感神経は…

子どもの声 おなかの声

あるお母さんから小学校低学年のお子さんについてこんな相談を頂きました。「うちの子は、朝学校に行く前に必ずおなかが痛いと言うんです。」お母さんの話によると学校に行く前は必ず痛がるのに、その後学校に行くと元気に遊んでいるので担任の先生から「学…

食べないダイエットはリバウンドしやすくなる

古代より人間は飢餓との闘いを続けてきました。ようやく食事を十分に摂取できるようになったのはごく近代になってからです。しかし地球規模で見れば貧富の格差がどんどん広がり人間の欲のために生態系が壊されるなど歪んだ構造の問題も起きています。それで…

おなかのバランスが悪いとけがをしやすい

「うちの子は部活動でけがをすることが多いんです。」という相談を、中高生の親御さんからよく受けます。捻挫をしたり、膝が痛くなったり、何度も繰り返すそうです。またマラソンを趣味にしている方でレースの途中で筋肉疲労からペースが落ちるのでどうにか…

何を食べたら良いのか

厳しい暑さが続いたまま、長い夏はようやく8月に入りました。訪れる皆さんにも随分と消化器の疲れが観られます。夏は特に消化器に負担の掛かりやすい季節です。そんな季節に食のお話です。勝美内臓調整療法院の庭には小さな畑があります。その他、冬の暖房…