おなかにてあて

子どもに伝えるおなかのお話

心の可動性

f:id:naizotyosei:20201117210339j:plain

私が治療を施すときに大切にすることの一つに、可動性というものがあります。関節が柔軟性を持って動いているかどうかを観て調整をするのです。

最近勝美内蔵調整療法院に通い始めてくれた86歳の女性のお話をしましょう。この女性のお悩みは膝の痛みでした。初めて治療室に入ってきたときには猫背で膝も見るからに変形して大変そうに見えました。しかし、背骨も膝も実際に触れて動かしてみると意外と骨の変形も感じられず、寝た状態では背骨も柔軟性がありスムーズに動くのです。

そして何より感激したのはその女性のお人柄です。とにかく穏やかで面白く、ひょうひょうとお話ししてくれます。柔らかい背骨に触れながらその女性のお話を聞いている一時間は、楽しくてあっという間に過ぎてしまいます。背骨だけではなく心の可動性も柔らかなのです。こんな背骨とお人柄に出会えたときには感動すら感じます。

しかし、私を含めなかなかこうはいかないものです。多くの方はストレスや何らかの不調を抱えたときに、背骨が動きを失いバランスが取れなくなってしまいます。背骨が可動性を失えば心の可動性も失ってしまいます。

私がこの女性のようになれるにはまだまだ時間がかかりそうですが、これからもたくさんの人と触れ合い、皆さんの健康に寄り添い、少しずつ心の可動性を磨いていこうと思います。

◆スマートフォンでお読みの方はこちらがオススメです。縦書きで綴っています。

onaka-teate.goat.me