おなかにてあて

からだの声を聞き からだと向かい合い おなかにそっと てあてする そんなBLOGです

十里四方の食べ物

f:id:naizotyosei:20190923222801j:plain

当院に通ってくれる60代半ばの女性にこんな話を聞かせてもらいました。
「母から十里四方のものを食べていたら間違いないとよく言われたんですよ。」
詳しく聞くと、半径五里(約20㎞)の範囲で取れる食べ物を食べて生活していたら健康でいられると教えられたそうです。
江戸時代には刑罰として十里四方追放というのがあって、罰として住んでいる地域から追い出されました。
昔から十里四方の範囲が日本人の生活範囲と考えていたようです。

近代は流通が発達し、世界各国の食べ物を手に入れることができるようになりました。
お店に行けば魅力的な食べ物がずらっと並んでいます。
しかし残念ながら、今の日本では身近で安全な食べ物を手に入れることが難しくなっているようです。
農薬や添加物、放射能の問題、体のためには良くないものでも売れるためなら良いように着飾って売る。
田舎暮らしなら全て安全と言うわけにはいきません。
正しい情報を自ら取りにいき、できるだけ安全なものを選んで食べることが必要になります。

それに、まだまだ自然が豊に残っているところで暮らしていると、自分の足元を見ずにはいられなくなります。
当院の庭にも小さな自然農法の畑があり、私はこの畑をいじっている時が一番ホッとします。
難しいことなど考えずに、ただ実りを楽しみに緑や土に触れる。
こんな楽しいことはありません。
こんな時間だけ過ごし生活できたらと思いますがそうもいきません。
今地域にある色々な問題とも向き合っていかなくてはなりません。
自然に沿った風習を大切に残そうとしたり、安全な野菜を作るためがんばっている方々もたくさんいます。
私も十里四方のそんな人々と触れ合いながら、健康のお役に立ち暮らしていきたいと思います。

naizotyosei.info