おなかにてあて

からだの声を聞き からだと向かい合い おなかにそっと てあてする そんなBLOGです

パソコンから離れて野山に行こう

f:id:naizotyosei:20190301064647j:plain

パソコンに向かってブログを書きながらこんなことを言うのも何ですが、私は時々ブログもSNSもとってもめんどくさくなります。
全くもって、ブログを読んでくださる方々には失礼な話で申し訳ありません。

私はもともと情報処理が苦手で、感覚に頼って生きるタイプです。
我ながら原始的だなと思うことが多々あります。
しかし職業が徒手療法家となると、感覚だけに頼っていては困ります。
健康に悩んでいる方に対し、今できる最大限のことをするためには、たくさんの勉強をして情報をインプットし、その情報をアドバイスとしてアウトプットしなくてはなりません。
それでもやっぱり、指先の感覚は一番大切にするし、皆さんに伝えたいのは自分のからだと向かい合う感覚なのです。
この矛盾からは逃げられません。

近頃のスポーツの世界でも、トップアスリートにしかわからない感覚をいかに言語化して伝えられるかが、トップコーチの大切な要素となります。
私の場合は自律神経の領域で情報処理ができるように目指し工夫しています。
反射するように考えるのです。

しかし情報処理に偏ると、それは頭だけの作業になり、情報に感覚を合わせようとしてしまいます。
若い頃は感覚に頼る分、いざ感覚が迷いだすと今度は、頭のどつぼにはまって抜け出せなくなることがよくありました。
今は頭の作業がうまくいかなくなると、気分転換に畑に行ったり、薪を割ったり、我が家の犬や猫と遊んだりします。
ついつい気分転換の方が長くなってしまいますけどね。

仕事や勉強をするとき、50分集中したら5分から10分休むと効率が上がるなんて聞いたことがありませんか?
一定時間集中して疲れたときは、なにも気分という捕らえどころのない悪魔に襲われているわけではなく、からだ全体のエネルギー代謝が乱れてしまっているのです。
そこで少し休むことにより、ただ気分転換してスッキリしているだけでなく、からだも休めてエネルギー回路がリセットされているのです。

私のブログを読んでくださっているブロガーの皆さんも、ブログがめんどくさいと思ったらパソコンから離れて野山にでも遊びに行ってください。
何も「ブロガーのくせにブログがめんどうなんて、ブロガー失格だ!」なんて自分を責めずに、エネルギー充電してください。

何だか自分のための言い訳みたいになってしまいましたね。

それでは、次回更新は3月5日(火)です。お楽しみに。

naizotyosei.info