おなかにてあて

勝美内臓調整療法院のBLOG お悩みの症状と自律神経のお話です

賦活する

f:id:naizotyosei:20181005082607j:plain

おはようございます。

今朝のタイトル、「なんて読むの?」と思う方もいらっしゃると思います。
「ふかつ」または「ぶかつ」と読み、活力を与えること、活性化させることという意味です。

我々が行なっている内臓調整療法でも賦活法(ぶかつほう)というテクニックがあり、例えば肝臓賦活法というのは、施術をする人の両手で肝臓がある右側の肋骨を包み込むように軽く押さえ、細かな振動を送ることにより肝臓内の毛細血管の流れを促します。
また、こういった一つ一つのテクニックを取り上げなくても、調整全体を賦活と考えることもできます。

当院に通われる方は、活力を失い、何かしらの症状や不調にお悩みの方がほとんどです。
それ以外の方は、以前は同じように悩んでいたのですが、調整やご自分の生活改善によりバランスを取り戻し、再びバランスを崩さないようにお手入れとして通ってくださっています。

実は現在健康のバランスを失っている方も、それなりにバランスをとろうとしているのです。
ひどくつらく苦しいところをかばうために、からだを曲げて楽な姿勢をとったり、無意識にからだを修復するために、「少しからだを休めなさい。」と、痛みを起こしたりしています。
しかし、多くの方が歪んだ体型、慢性的な痛みの状態が長く続き慢性化してしまいます。放っておけば病におちいってしまうでしょう。
そこで、その状態から抜け出せるように少し賦活してあげるのです。

あくまでも少しです。
つらければつらいほどみんな、一度につらさから解放してくれる魔法の杖を欲しがります。
しかし、賦活による変化があまりにも大きすぎると、その変化にからだがついていけなくなります。
基礎体力の弱い人は、ほんの少し刺激が強すぎただけで苦しくなります。
もしくは、ひどくからだが鈍った状態の人はとにかく強い刺激を受けないと受けた気がしないということも起きます。
むしろこちらの方が危ないかもしれません。頭は刺激を受けスッキリと感じているが、からだには鞭を打っていることになります。

ではちょうどいい賦活はどうやって量ればいいのでしょうか。
それは「心地よさ」です。
「心地よさ」で量れば間違いありません。

からだの中は、栄養や酸素、それらによって作られるホルモンや酵素によって活力が生まれます。
そしてそのどれかが不足していてもバランスをくずしてしまいます。
健康法にはたくさんの種類があり、食事からアプローチするもの、運動からアプローチするもの、呼吸からアプローチするもの、思考からアプローチするもの、様々です。
偏らず、活力を生み出す回路の中で多角的に捉えることをお勧めします。
最終的にはからだの中にしなやかにゆれ動く活力が生まれれば良いのです。

今日も一日、「心地よく」過ごしてください。
それでは、次回更新は10月9日(火)です。お楽しみに。

naizotyosei.info