おなかにてあて

勝美内臓調整療法院のBLOG お悩みの症状と自律神経のお話です

十里四方の食べ物

https://www.instagram.com/p/BmUKclSBOre/

勝美内臓調整療法院に来てくれるある年配の女性にこんな話を聞かせてもらいました。
「昔は、十里四方のものを食べていたら間違いないと言ったんだよ。」
詳しく聞くと大体半径五里(約20㎞)で取れる食べ物を食べて生活していたら健康でいられるということらしいです。
調べてみると、江戸時代には刑罰として十里四方追放というのがあって、住んでいる地域から追い出されました。大体十里四方の範囲が生活範囲と考えていたようです。

近代は流通が発達したので世界各国の食べ物を手に入れることができます。
見渡せば魅力的な食べ物ばかりです。
残念ながら今の日本は身近で安全な食べ物を手に入れることが難しくなっているようです。
農薬や添加物、放射能の問題、体のためには良くないものでも売れるためなら良いように着飾って売る。田舎暮らしなら全て安全とも限りません。

作られた都会で暮らしていれば
正しい情報を自分から取りに行き
安全なものを買って食べることが大切になります。

しかし、当院のある群馬県北部のようにまだまだ自然が残っているところで暮らしていると
まずは自分の足元から見直してみたくなります。
自然に沿った風習を大切に残そうとしたり、安全な野菜を作ろうとがんばっている方々もたくさんいて
我々も応援するようにしています。

当院の庭には自然農法の畑があります。
私はこの畑をいじっている時が一番ホッとします。
難しいことなど考えずに、ただ実りを楽しみに緑や土をいじる
こんな楽しいことはありません。

これだけ考えて生活できたらと思いますがそうもいきません
今ある問題も踏まえながら何を選択するか考えなくてはいけません。

当院も明日から15日までお盆休みに入ります
このブログも一緒にお休みします。また16日から再開しますね。
休み明けからは具体的な生活のヒントをお話ししていきます。
皆さんもリフレッシュして、どうかご自愛ください。

naizotyosei.info