おなかにてあて

勝美内臓調整療法院のBLOG お悩みの症状と自律神経のお話です

背骨はS字カーブでバランスをとる

https://www.instagram.com/p/BmJ0AkdhieX/

背骨は横から見ると適度なS字カーブを描いています。
これを脊椎の生理的弯曲(S字カーブ)と言い
直立して生活している人間にとって、この生理的カーブは大切な役割を担っています。
重力を分散するサスペンションの役割をし、重たい頭を支えるための筋肉の負担を和らげているのです。

しかし
このS字カーブがくずれると体に色々な不調が起きやすくなります。
曲がりが強くても弱くても不調の原因になるのです。

曲がりが弱く、横から見てまっすぐ過ぎると
背骨はうまくサスペンションの役割ができず、固い1本の棒のように動いてしまいます。

そのため特に頭蓋骨や胸郭、骨盤などの大きなパーツと棒状の背骨との境目だけ
極端に動き過ぎてしまいます。

関節は動きすぎれば痛みの元になります。
このようなタイプの人は
衝撃によるむち打ちや姿勢による肩こりが起きやすかったり
あわててバタバタと動くだけで、腰の一部の関節だけ動き過ぎるため
股関節や膝、足首など、脚に問題が起きることがあります。

反対に曲がりが強く、極端に前のめりの姿勢で強いそり腰になっても痛みを起こします。
血圧が高く精力的な方、昔の農家さんに多く
前のめりに一日中働けるのですが
前のめりの上半身とは反対に首や腰に負担がかかります。

働き者のタイプが多く、多少痛くても動けたりするのですが
関節にも限界があり、支えきれないほど壊れてしまうことがあります。

気をつけてください

痛みのある首や腰を自分でボキボキと鳴らす人がいます。
整体にも誰が来ても右にねじり、左にねじり、ただボキボキと鳴らすところがあります。
どちらもその時はスッキリしますが後が良くありません。
そもそも動き過ぎる関節が痛みを出す原因は
前のめりになって固まってしまった動かない関節にあります。
動き過ぎて問題を起こしている関節をさらに動かすのですから
すぐに痛みが再発し、繰り返すうちに悪化していくことがあります。

我々も、お医者さんが必ず診断をするように
背骨がどのように曲がっているのか観察し
どのように動きをつけ施術をするか計画します。
誰が来ても同じようにするということはありえません。

naizotyosei.info