おなかにてあて

勝美内臓調整療法院のBLOG お悩みの症状と自律神経のお話です

夏の冷え

https://www.instagram.com/p/BlwDWUsBBho/

暑い暑いと言いながらも標高の高い高山村では
明け方少し冷やっとするようになってきました。
眠るときには大丈夫でも
横に毛布一枚置いておいて、いつでも掛けられるようにしておかないと
朝には体が冷えきってしまいます。

勝美内臓調整療法院に来院される方の中にも
猛暑の夏の疲れに加え
おなかの冷えが観られる方が増えてきました。

暑いからといって
つい冷たい飲み物ばかり飲んでしまったり
エアコンの設定温度を下げすぎたために
暑い夏でもおなかがどんどん冷えていってしまいます。

暑い夏を乗り切るためにはスタミナをつける食事も大切ですが
あまりに暴飲暴食を繰り返していると
消化器は疲れ果てて
萎縮して冷たくなってしまいます。

そんな方は
暑いからといってお風呂をシャワーだけで済まさずに
半身浴でもいいので湯船に浸かり
冷えたおなかを温めて
血流を良くしてから睡眠を取りましょう。

動くとすぐに汗をかくからといって
体が冷えていないとは限りません
特に顔にだけすぐに汗をかく方
意外とおなかが冷えていて
心臓や肺にだけ無理がかかっている可能性があります。
常に交感神経の興奮が続いているので
ちょっと動くだけで汗をかくスイッチが入ってしまうのです。

そんな方は直接内臓に刺激を入れるために
おなかに手をあててみると
びっくりするぐらい冷たいことがあります。

この先本格的に冷えの心配が出てくる
秋への移り変わりがやってくる前に
今から少しずつ気をつけてください。

naizotyosei.info