おなかにてあて

勝美内臓調整療法院のBLOG お悩みの症状と自律神経のお話です

脳への血流低下が起こす頭痛やめまい

https://www.instagram.com/p/Bll9hlzh83y/

頭痛やめまいの大きな原因に椎骨脳底動脈循環不全という疾患があります。
椎骨動脈は頸椎の中を通り、頭部に入って脳底動脈につながり
脳に酸素や栄養を供給しています。

血管の他にも重要な自律神経が頸椎には集まっているため
体になにか異変が起きると
頸椎は曲がったり、ねじれたりします。
よって頸椎の曲がりは同時に椎骨動脈の流れを悪くして
脳への酸素や栄養の供給を低下させ、これに伴い頭痛やめまいが起きることがあります。

つまり頭痛やめまいには
内臓や血流の問題から起こる自律神経の乱れなど
体に起きた何らかの異変を表していることがあるのです。

その上頸椎は
重たい頭を支えながら、自由に動かなくてはいけないという重労働を担っているのですから大変です。

このようなケースの場合
頸椎の変異を矯正する施術は非常に有効ですが、気を付けなければいけないことがあります。
血管は基本的に非常に柔軟性が高いため
頸椎が曲がってもある程度まではバランスをとってくれます。
それが頭痛など、何らかの症状として現れるには
頸椎の曲がりからくる血管の狭窄に加え
動脈硬化など血管自体にも異変が起こっていることも考えなくてはいけません。

それに
体全体としてどのようなバランスのくずれが起き
どのようにそれが首や頭に影響しているのかも考えなくてはいけません。
安易に首の曲がりだけ直そうとする治療には気を付けてください。

外傷による頸椎の曲がりでなければ
頸椎が曲がっていることと
曲がってしまう原因に目を向けなければ
頭痛やめまいは改善しません。

意外とお悩みの方が多い症状です。
もう何年も原因がはっきりせず頭痛薬だけ飲み続けている方
原因を探り根気よく体質改善を目指してください。

根本原因に目を向けることから
5年後10年後の健康な生活が始まります。

naizotyosei.info