おなかにてあて

勝美内臓調整療法院のBLOG お悩みの症状と自律神経のお話です

心臓は根っからのがんばり屋さん

https://www.instagram.com/p/BY9PKA4D5HH/

まだまだ暑い日が続きそうです。
勝美内臓調整療法院にも暑さから体調不良を訴え
相談にいらっしゃる方が増えています。

急な腰の痛みや腕の痛み
みなさん
「暑い日に草むしりをしたせいかしら。」と
無理をして動いたことが原因ではないかとは感じているようです。

では一体
体のどこに無理がかかっていたのでしょう。

実はほとんどの方が心臓や腎臓の循環器でした。

「えっ、循環器から腰や腕が痛くなるの?」
と思われるかと思います。

人の体は何らかの原因により血流に負担がかかり苦しくなると
動きを止め体の中心を守ろうとします。
中心にある心臓を生かそうとするのです。

そして心臓は最後まで他の臓器の分まで頑張って働きます。

例えば胃腸の調子が悪いときは食事を控えて胃腸を休ませてあげることができますが
心臓の調子が悪いからといって
ちょっと止めておきましょうというわけにはいきません。
心臓は他の臓器を休ませてでも最後まで働き続けるのです。

今年のような命の危険を感じるほどの暑さが続けば
命を守るため心臓はがんばり過ぎ
他のところは無理をして動かないように休んでしまいます。
夏バテとはこの状態のことです。

そんなときに軽く手を伸ばして作業をしても
休もうとする体と
伸ばした腕との間で綱引きのような状態になり
筋繊維が切れて傷めてしまいます。

もっと深刻になってくると
頭痛やめまいなどの症状として現れます。
実際ここ3〜4日は頭痛やめまいの相談ばかりです。
こんなときは心臓と変わらないぐらい大切な役割をする
脳への血液の行き来が上手くいかない状態になっています。

頭痛やめまいのメカニズムについては改めてお話ししますが
このような症状が出たらまずは無理をせず
がんばり屋さんの心臓も少し休ませてあげてください。

naizotyosei.info