おなかにてあて

子どもに伝えるおなかのお話

秋立つ頃

今日から我が家はお盆休みです。立秋を過ぎ暦の上では秋に入りました。私が住む高山村では、雨の日の朝は肌寒く感じるぐらいです。雨続きの毎日でお家でゆっくり過ごしていますが、西日本各地で災害と隣り合わせにいる人たちのことを思うと、どうかご無事で…

十里四方の暮らし

「母から十里四方のものを食べていたら間違いないよと、よく言われていたんですよ。」 当院に長年通ってくれている70代の女性からこんなお話を聞かせてもらいました。詳しく聞いてみると、半径五里(約20㎞)の範囲で採れる食べ物を食べて生活していたら健康…

波を伝える

一昨日、凪は2歳の誕生日を迎えました。産まれてから風邪ひとつ引かずに元気に育ち、名前の通り毎日笑顔いっぱいで過ごしています。「風が止み、波が穏やかになること」そんなふうに生きてくれたらと、凪(なぎ)と名づけましたが、この2年社会はそれとは真…

くつろぎの姿勢

人はおなかに何か異変が起こった時、異変の起こったところをかばって、今一番楽な姿勢をとろうとします。例えば、何らかの理由により静脈の流れが滞り、どこかにうっ血(静脈の血が異常に多くたまった状態)が起こると、筋肉がうっ血した部分に十分な空間を…

からだの中の海

遠い遠い昔、生き物は海から生まれました。初め単純な一つの細胞でできていた生物は、水の流れの中をゆらゆらと漂って、水の流れが栄養を届けてくれて、細胞から出た不要なものを運び去ってくれるのを待って暮らしていました。海に包まれ、その環境に身を任…