おなかにてあて

からだの声を聞き からだと向かい合い おなかにそっと てあてする そんなBLOGです

おなかにてあてする

もうお気づきかと思いますが、「おなかにてあて 」とは「内臓を調整する」ということです。勝美内臓調整療法院に初めていらっしゃる方は「内臓も診てもらえるんですか?」と言います。そうなんです。痛みや体の不調を和らげるにはおなかから整えることが大切…

ずっと痛いのに痛みどめだけ飲み続けていませんか

「もう何年も処方された痛みどめを飲んでいるだけです」 慢性の腰痛でお悩みの方からこんなご相談をいただくことがあります。ずっと痛みどめの処方以外に治療は受けていないそうです。痛みはつらいものですが、他に何か手をほどこすわけでもなく痛みどめだけ…

今から始める

「一体どのくらい早く病気は始まっていると思いますか?」「半年前でしょうか、それとも2〜3年前でしょうか?」驚くべきデータがあります。 心臓血管病は診断される20〜40年前から がんは診断される15〜20年前から アルツハイマーは診断される30〜50年前から…

揺れながら戻るところ

人の体はゆらゆらと揺れています。時々不安定になりながらも、ゆらゆらと揺れながらまた、バランスの良いところに戻ろうとします。 今より便利ではない時代、野山を駆けずり回って遊び大人になってからも体を使って暮らしてきた人たちは、体がバランスをくず…

不安定だからこそ安定する

「人は不安定だからこそ安定するのである」 このような一見矛盾するような表現が、命を支えるしくみホメオスタシスを説明するときに使われます。一つにはその生体を取り囲む環境が不安定に変化するのに対し、生体が安定を求めて進化して生き残ってきたことを…